作曲家

音楽家になるための3P

楽譜を整理していましたら、バッハの【フーガの技法】の間から高校時代の音楽史のプリントが出てきました。都立芸術高校時代の音楽史の先生、故 多田逸郎先生の授業の資料です。このバッハ最高傑作について、フーガの分析の仕方、資料の読み方、辞書の使い方...
神戸

しあわせ運べるように

阪神・淡路大震災から26年。追悼の想いを込めた灯篭が三宮・東遊園地に灯されました。今年の「1・17のつどい」は、三密を防ぐため、前夜から灯篭が灯され、当日は例年の2割ほどの遺族の方々が祈りを捧げられました。そして同日、阪神淡路大震災を機に生...
徒然

鏡開き

2021年も2週間が過ぎました。幼い頃は、母と一緒に15日に鏡餅を木槌で割り、青黴を取り除いて、かきもちにしたりお汁粉を作ったりしましたが、保存技術も進歩している現在、青黴とは一切無縁なお正月です。 今年も京都の89歳になられる女性の...
CD

フルトヴェングラーのピアノ

2021年、最初の1週間が過ぎ、緊急事態宣言が再発令となりました。 収束を祈りながら、籠って練習する日々が続きそうです。 今年の弾き初めもバッハでした。 《ゴールドベルク変奏曲》《トッカータ》《前奏曲とフーガ》。 ...
徒然

謹賀新年

初春のお慶びを申し上げます。 本年もどうぞよろしくお願いいたします。 今年は静かな元旦となりました。 皆様、お正月はいかがお過ごしでしょうか。 夜も更けて、毎年恒例のウィーン楽友協会ホールニューイヤーコンサートがライブ放送で...
徒然

さよなら2020年

多くの人にとり苦難の年であった2020年も、今日が最後の日。 カレンダーも最終ページとなりました。 昨年ミュンヘンに旅行した友人がお土産に買ってきてくれた 「ベートーヴェン生誕250年記念カレンダー」 作曲家、演奏家が週...
国立音楽大学

パスカル・ドゥヴァイヨン先生 特別レッスン

国立音大では毎年、海外から演奏家、教授を招聘し、特別レッスンが行われます。これまでにもダン・タイ・ソン先生、ミッシェル・ベロフ先生らがピアノ・レッスンをしてくださってきました。 今年は、海外との往復が難しくなり、多くの公開レッスンが中...
国立音楽大学

ベートヴェン・プロジェクト@国立音大大学院

冬の日のキャンパスは空気が澄んで、屋上からくっきり富士山が見える日もあります。 12月16日には、担当している大学院「作品研究」の授業で、FDを行いました。 研究能力開発、教育システムの開発を目的として行われているFD(Fa...
コンサート鑑賞

東京シンフォニエッタ第48回定期演奏会

12月2日、東京文化会館小ホールで行われた東京シンフォニエッタ定期演奏会にお伺いしました。武満徹生誕90年を記念したプログラム。《雨ぞふる》《雨の呪文》そして《系図》に加え、次の世代の作曲家川島素晴氏の新作《And then I knew ...
久元祐子コンサート

リサイタル@紀尾井ホール

11月12日(木)、紀尾井ホールにてリサイタルを開催させていただきました。 「悲愴」「ワルトシュタイン」をメインにしたベートーヴェン生誕250年記念プログラム。 「悲愴」に先駆け、ベートーヴェンが影響を受けたモー...