久元祐子コンサート

レクチャーコンサート@東大阪市文化創造館

昨春、東大阪市文化創造館のホールに入る3台のコンサートグランドピアノを選定させていただき、秋にピアノお披露目コンサートに出演。それ以来1年ぶりにお伺いさせていただきました。 渡辺昌明館長さんの音楽講座の最終回としてのレクチャー...
ホール・音風景

ドラゴンフライ@銀座

芝浦クリスタル銀座でのピアノお披露目コンサートが延期になって以来、初めてお伺いさせていただきました。 久しぶりに訪れる銀座。思っていたより人通りは少なく、ちょっぴり寂しい気持ちもしましたが、またもとの賑わいを取り戻す日が来ることを願い...
久元 祐子・旅

秋の演奏会@西方音楽館

3月中旬以降、コンサートや催しの多くが中止、延期となり、今日は久しぶりの演奏会。栃木県にあります西方音楽館でのリサイタルでした。 前の晩は、近くのビジネスホテルに宿泊。朝の散歩途中、美しい秋空に「智音寺」の文字が目が入り、吸い寄せられ...
久元祐子コンサート

中秋の名月

早いもので今日から10月。お花屋さんの店先にもコスモスが並び、夜は美しい中秋の名月に見入りました。 2020年はベートーヴェン生誕250年。今秋は、下記の会場で演奏させていただきます。 10月3日(土)14:30 西方音楽館 ...
ピアノ(楽器)について

チェンバロvsピアノ

古楽器との最初の出会いは、クラヴィコードの密やかなタッチでした。弦を金属片でつつくだけ、、というささやかな音量なのに、細やかなニュアンスを出すことができて、その上指を震わせることでヴィブラートまでかかる鍵盤楽器。それまでピアノ一直線だった私...
雑感

永すぎた梅雨

8月に入り、平年より10日も遅れて気象庁の「梅雨明け宣言」が行われました。 「もう太陽の顔を忘れちゃったよ!」 「毎朝、パッとしない天気を見ると憂鬱になる」 「自粛続きでしかも雨が続くと運動不足で夜眠れない!」 「日照不足で野菜...
映画

エンニオ・モリコーネ氏逝去

「イタリア・ローマ出身の作曲家、エンニオ・モリコーネ氏が91歳で逝去」のニュースが報道されて4日。 モリコーネ氏の音楽と共に、映画の名シーンが目に浮かびます。 1984年セルジオ・レオーネ監督の「ワンスアポンアタイムインアメリカ...

静寂から音楽が生まれる

10年以上前のことですが、ザルツブルク郊外ガーベルクの山荘で、ウィーンの三羽烏の一人、イエルク・デームス先生の指導を受けた夏、静かな星空の下で先生から言われた言葉を時々思い出します。 「YUKO!ここで本当の静寂を学んで帰りなさい。」 ...
徒然

熊本・鹿児島の豪雨

熊本、鹿児島が、数十年に一度の記録的な豪雨に見舞われ、その被害のニュースが入り、心が痛みます。 「危険ですから川の様子を見に行かないでください。」という当然至極のアナウンスに続き、「命が少しでも助かる可能性のある行動をしてください。」とい...
作曲家

開放の一瞬!

3月3日の演奏会を最後に、様々な演奏会がキャンセルとなり、授業はオンラインとなり、いつもと違う日常となりました。季節は春から夏へ・・・。 ちょうどこの期間、まるまる3カ月間かかってしまったのが、ベートーヴェンの本の執筆と楽譜の校正です。 ...