2014-09

久元 祐子・旅

ヴァルター・ピアノの響き@沼津

沼津倶楽部主催の演奏会 「モーツァルトが愛した楽器 ヴァルター・ピアノの響き」に出演させていただきました。ヴァルターを搬入し、沼津千本松原を眺めながらのリハーサル。 到着後、平均律に調律されていたため、普段より、こじんまり平坦な感じになっ...
コンサート鑑賞

ウィーンフィルハーモニー

大和ハウス工業特別公演としてサントリーホールで行われたウィーン・フィルハーモニー ウィーク イン ジャパン 2014 を鑑賞させていただきました。 若き指揮者、グスターボ・ドゥダメル氏が伝統のウィーン・フィルをいかに振るのか、数ヶ月前からと...
久元 祐子・旅

食のイタリア

今回の旅は、原稿の締切を5本抱えたまま出国したため、飛行機の中、空港の待合室など空き時間はすべて原稿書きに追われました。アテンダントさんに「Are you OK?」と心配されたのですが、体調良く乗り切れたのは、イタリアの食のおかげかと思って...
ピアノ(楽器)について

さらばボローニャ

イタリア滞在、最終日。昨日お会いしたフランコ先生のコレクションのうち、ボローニャの市内にある15台を弾かせていただくことができました。Piazza Rosini 近くの博物館には、コンサートも出来る大きなスペースがあり、歴史的楽器が並んでい...
モーツァルト

イモラ音楽院、そしてアカデミア・フィラルモニカ

ボローニャから電車で小1時間。イモラ音楽院に向かいました。イタリア・モーツァルト協会のボラーニ会長さんが、イモラ音楽院ピアノ科のマルガリウス先生をご紹介くださったのですが、「ちょうど試験シーズンでピアノ科の先生が皆忙しい。時間がとれるのは校...
ピアノ(楽器)について

ボローニャのタリアヴィーニ・コレクション

ポルト・ブッフォレで1泊し、9月16日にボローニャへ列車移動。たった一人の車掌さんが、切符の点検だけでなく、新聞や飲み物やスナックを配ったり、高いところに荷物を上げたり、、、という全てのサービスをしてくださることに驚きました。てきぱきとした...
ピアノ(楽器)について

サチーレ

9月15日、ロヴェレートのホテル・レオンドーロ(LEONDORO) をチェックアウト。サチーレに向かいました。途中、モーツァルトの三大オペラを書いた台本作家ロレンツォ・ダ・ポンテにご挨拶。ダ・ポンテは、ヴェネト州チェネダでユダヤ人の家系に生...
久元 祐子・旅

Tafelmusik そして Riva del Gardaへ。

9月13日、毎年恒例のイタリア国際モーツァルト音楽祭主催のTafelmusik。出演者全員集合の賑やかな夕べが、Ristoante "Novecento" で行われました。今年のテーマは「ドン・ジョヴァンニ」ということで、劇中ドン・ジョヴァ...
ピアノ(楽器)について

アラの歴史的ピアノ博物館へ。

9月13日、ロヴェレートから車で30分のトレント地方のアラの街に出かけ、歴史的ピアノの博物館にお邪魔しました。アラは、モーツァルトが滞在したピッツィーニ邸があり、一昨年の演奏会のときには、お屋敷内をフェラインの皆様と一緒にゆっくり散策しまし...
久元 祐子・旅

ロヴェレートでのリサイタル

9月12日 ロヴェレート Palazzo Liveraでのリサイタルを終えました。モーツァルト、ショパンに加え、マルチェロ・アバード氏のDanza " Scena senza storia" を演奏。マルチェロ先生は、指揮者、クラウディオ・...