久元 祐子・旅

ホール・音風景

安曇野の秋

あづみ野コンサートホールでのリサイタルのため信州入り。 たわわに実った稲穂が黄金色に輝き、八ヶ岳の秋の風景は、まるで絵葉書のよう。 車で穂高方面に走ると標高が下がるにつれ、すでに刈り取った田圃が増えてきました。刈り取りのタイ...
ホール・音風景

ベートーヴェン@安曇野

美しい自然に囲まれたあづみ野コンサートホールにおきましてベートーヴェン生誕250年記念リサイタルをさせていただきました。今回は、21回目の出演。ホールの扉を開けると、里帰りのような気持ちになってしまい、思わず「ただいま!」と言ってしまいます...
久元 祐子・旅

秋の演奏会@西方音楽館

3月中旬以降、コンサートや催しの多くが中止、延期となり、今日は久しぶりの演奏会。栃木県にあります西方音楽館でのリサイタルでした。 前の晩は、近くのビジネスホテルに宿泊。朝の散歩途中、美しい秋空に「智音寺」の文字が目が入り、吸い寄せられ...
久元 祐子・旅

久しぶりの札幌。

釧路から札幌へ移動。新千歳空港から発寒へ移動。「発寒」とはいかにも寒そうな名前ですが、「今日は11月と思えないくらい急に温かくなった!」とのこと。重装備は、完全に無駄に終わりました。 発寒のエルム楽器へ。社長様、会長様にもご挨拶でき、前日...
久元 祐子・旅

釧路へ

北海道に寒波!というニュースを見て、重装備で出かけた釧路。日差しが温かく、最高のお天気となりました。 初めての釧路。少し散策をし、港に浮かぶ船を眺めたり、海産物のお店を覗いたり、美川憲一さんの「釧路の夜」の歌碑を探したり。。。夕陽が沈む瞬...
久元 祐子・旅

音楽のある展覧会

帰国した翌朝から大学の授業、会議が続き休止符なしの3日間。名古屋に向かう新幹線に乗る直前の1時間を利用して ホテルオークラ東京別館地下2階アスコットホールで行われた「19世紀末ウィーンとニッポン」ウィーン楽友協会アルヒール展に伺いました。...
久元 祐子・旅

市場にて

今回の旅は、ほとんど観光らしい観光をする時間がありませんでしたが、旅に出ると必ず寄るのが「市場」です。今回もリハーサルの前、ムジークフェラインへ行く途中コールマルクトへ。 食文化と生活を直に感じることができる市場をワクワクしながら通りまし...
久元 祐子・旅

ベーゼンドルファーコンサート@ウィーン

ムジークフェライン内のベーゼンドルファーサロンでの演奏会。 朝は、会場でピアノ選び。数台のうちから響きとコンディションの良さ、タッチの具合、プログラムとの相性を鑑みベストの楽器を数台からチョイスし、ベーゼンドルファーの...
ホール・音風景

ウィーンの鐘の音

今回もシュテファン寺院近くのホテルに宿泊しました。朝は鐘の音で起床。 来てすぐは、「カンカンカンカン」と無機質な響きに聴こえる鐘の音ですが、2日目か3日目くらいになると、鐘の音に感情や言葉を感じるようになります。 朝6時。4...
久元 祐子・旅

アイゼンシュタットへ

日曜日に、サントリーホールブルーローズでのリサイタルを終え、翌日からは大学での授業、行事、レッスン、会議などが朝から晩までぎっしり。あまりの忙しさに、ブログをしばらくお休みしていてすみません。 大学の秋休みが始まり、スーツケースにパッ...