作曲家

作曲家

庭園想楽

庭園想楽オンライン・レクチャーにお邪魔させていただきました。講師は堀朋平先生! 「実証のむこう シューベルトと神学・精神分析のまじわり」と題して、前半は、「伝記」や「情報」がどこまで客観的でありうるのか、後世の研究者・演奏家はどのように仮...
作曲家

シューベルトのパートソング

「パートソング~最高に”密”なシューベルトの多幸~」と題された「朝日カルチャーセンター新宿校オンライン講座」を受講。 シューベルトのピアノ曲、歌曲、室内楽曲、交響曲と違い、私にとり、これまでほとんど触れてこなかったパートソングの世界。...
作曲家

キエフの大門

平和の祭典、北京オリンピックの閉会式が終わったのも束の間。ロシアによるウクライナ軍事侵攻のニュースが飛び込み、暗澹たる思いです。凄惨な街の様子、嘆き逃げ惑う人々、失われる尊い命。。。信じられない暴挙への憤りを覚えます。 1991年春、...
ホール・音風景

第12回 日本バッハコンクール

朝一番に大江戸線に乗り、築地市場駅へ。普段は賑わっている朝日新聞社のビルも休日は静かでした。 浜離宮朝日ホールは、好きな響きのホールの一つです。オープン当初は、響きがもわっとする感じがしたのですが、今は個々の音の輪郭もはっきりと聴こえ、か...
作曲家

謹賀新年

初春のお慶びを申し上げます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。 毎年、弾き初めはバッハと決めているのですが、今年はヴィヴァルディの《四季》。2022年の四季が穏やかで平和に満ちた年となりますよう、願いながら。 この曲は、自分にと...
作曲家

終わりが無い世界

画家の知人が「いつ筆を置くかが難しい」と仰っていたことがあります。これで完成!と思う瞬間を決めるのは自分。いじいじと描き続けたい心を捨てなければならないとか。 演奏の場合、どうなのでしょう。初めて曲に出会い、感動とともに仕上げ、内面化...
作曲家

鳩の使い

「私の誕生日は、鳩の日なんです。」とチャーミングな女性の言葉。8月10日、、、たしかに「ハト」とも読めますね。 平和の象徴である鳩。毎年8月6日の広島「原爆の日」平和式典でも、平和宣言とともに放鳩が行われます。 いっせいに飛び立つ鳩は、...
作曲家

プーランクの宝石箱

大学4年生は、そろそろ卒業試験の曲目を考える時期に入りました。 教育実習や就職活動などで練習ができなくなる時期もあり、早めに仕上げておきたいところなのでしょう。課題曲ではなく自由に選べる卒業試験のプログラム。先日「モーツァルト愛好会」...
久元祐子コンサート

シューマン:クラリネットとピアノのための幻想小曲集

頬をそよぐ風が心地よい季節。色とりどりの花が美しく咲きだしました。 基礎体力作りを理由に、隙間時間に時折高尾山にでかけ霊気満山から英気を頂いています。 先日、地図に載っていない道を発見。行ってみた先に小さな広場が開けていて驚...
作曲家

スノードロップ

先月末、門下生達が大学近くのホール「CHABOHIBA HALL」で、毎年恒例の研究会「ルナの会」をさせていただきました。 先程、オーナー小峰美子さんが「学生さん達が、試験で楽しんで演奏できますように!」と応援メールをくださり、お庭のスノ...